Search

平和の鐘、一振り運動

Peace Bells-One toll campaign

自由が丘めぐみ教会2017


茨城新聞

「平和の鐘・一振り運動10周年」自由が丘めぐみ教会

8年前から、この平和運動に共感し、8月6日と9日の原爆投下の時間に、教会の鐘を鳴らし、参加者の皆様と平和を祈るイベントを続けて下さっています。
阿部牧師様の平和への熱い思いに感謝し、場所をお借りして「平和の鐘・一振り運動10周年」の小さなイベントを9日に開催させていただいた。
40名ほどの集会場はほぼいっぱいで、鶴の平和への想いと、「想いを未来につなぐ朗読の会・つくば」の広島、長崎についての朗読を披露した。
阿部牧師様による司会で、午前10時半から教会の礼拝行事と、日本同盟基督教団が、先の戦争の反省から、武力によらず対話による平和への努力をと、政府に要望した声明文についての説明がありました。その後、鶴の平和活動の原点と作品「長崎の花嫁」についての話をし、午前11時2分に、教会の鐘が鳴らされ、参加者全員で黙とうした。その後、「想いを未来につなぐ朗読の会・つくば」による公演に入った。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2017 平和の鐘、一振り運動 . All Rights Reserved.